日本で黄色い花といえばミモザをイメージしますね。花粉症の方は、ミモザを見つけるとマスクをおもわず探したくなるかもしれません。しかし、ペルーのリマで花粉症で病んでいる人を見たことがないのでご安心を。湿度が一年中高いので、花粉症の私もリマに住んだら治ってしまいました。

リマで黄色い花をつけた街路樹を見つけたら、それは黄色アカシアです。アカシアは沢山の種類があるので、日本で見るアカシアと違うと思われると思いますが、葉っぱの付きかたをご覧いただけると、豆がアカシア属だということがわかります。
黄色いアカシアの花びらが地面に落ちて鮮やかに輝くカーペットのようになっているのを見つけました。黄色い花には運気アップの効果もあるんです。あわせてご紹介します。

IMG_20211228_112600274_HDR



リマで見かける黄色アカシア

Acacia amarilla【黄色アカシア】

原産国 
南アメリカ(ベネズエラ、コロンビア、ボリビア、エクアドル、ペルー、アルゼンチン、チリなど 

黄色アカシアの特徴
常緑樹で高さ3~5m。花は黄色で円錐形をしています。
葉は、小さな8枚ほどの楕円形でペアになり下から上に伸びるようについています。
乾燥地帯でよく育ちます。

アカシアは1000種類以上
なんと、アカシアって世界中に様々な種類があり品種は1000以上にもなるんだそう。

日本でよく見かけるのは、ふさふさとしたポンポンがついている「フサアカシア」です。よくミモザと言われることがありますが、ミモザはマメ科オジギゾウ属です。アカシア属ではないので、本来は「フサアカシア」と呼ばなくてはいけません。

黄色アカシアの花言葉
秘密の恋


黄色い花が私たちにもたらせてくれるパワー
ペルーでは黄色=金運アップ
というイメージが強いですが、他にも黄色い花を見るだけで運気をアップしてくれる効果があるんですよ。
・人の気持ちを前向きにしてくれる
・心を解放してくれる
・幸せをもたらせてくれる
・人とのコミュニケーションを円滑にする
・不安な気持ちを元気にする
・向上心を芽生えさせる
・豊穣をあらわす
・希望を与える


リマで黄色い花を観賞し沢山パワーをもらって運気をアップさせてください!