ペルーではシルバーアクセサリーを沢山つけた女性をよく見かけます。
あなたも、アクセサリーを沢山つけて女であることを実感し良い気分になりませんか。

ピアスに、ネックレス、ブレスレット、指輪も両手で3つはつけているペルー人女性を見てびっくりしました。

えっ、指輪って両手で1つで十分だと思っていましたが沢山つけても可愛いな❤と。

大富豪のお嬢様じゃなくてもシルバーアクセサリーを沢山身に着けているペルー人女性。
すぐさびて黒くなり捨てたくなる偽物シルバーじゃなくて、いつまでも輝き続ける純度が高いシルバーです。

なぜ沢山買うことが出来るかというと、ペルーはシルバーの生産量が世界第2位であり低価格で手に入るからです。

ペルーで【シルバーアクセサリー】を沢山身に着けよう

ペルーは世界第二のシルバー生産国

ペルーの産業でとても重要視されているのは鉱物資源です。
鉱山が沢山あり、鉱物の宝庫といわれるくらい。
特に北から南まで続くアンデス山脈が鉱山資源を生み出す源となっています。

ペルーのシルバー生産量は世界第2位であり、2018年に4163トンに達しました。
シルバーは熱と電気の優れた金属ですが、輝きが美しくアクセサリーに最適です。
形を変え、ピアス・ネックレス・指輪など女性を楽しませてくれます。

シルバーの他にも金、銅、鉛、亜鉛、鉄、スズ、モリブテンなども国の経済を支えています。
主に、米国、中国、スイス、日本、カナダ、ヨーロッパ諸国と手を組み開発されています。

ですから、925・950という純度が高いシルバーアクセサリーが安価で手に入るのですね。


激安シルバーアクセサリーを買ってみた
IMG_20211217_183959003_HDR
シルバーアクセサリーが大好きな私は、日本でよくスタージュエリーを見つけては指輪が並ぶショーケースを眺めていました。


ボーナスがでたら、どれを買おうかな。なんてワクワクしてみていました。

私が目を引くものは5000円~15000円ぐらいのもの。すぐに、お給料からポンと出せる金額ではなかったのです。

しかし、ペルーのシルバーアクセサリー通りに行くと市場の野菜のように、何店舗にもわたり大量に並ぶシルバー。
1店舗をよく見るだけであっという間に時間が過ぎてしまいます。


値段がついてないので、おそるおそる聞いてみると、ショーケースからパッと出してくれ計りで重さを計り計算機をポンポンたたく売り子さん。

「ピアスとペンダントで35ソル(約1000円)でも、今日は30ソル(約850円)でいいわ。」
安すぎるからシルバーの純度も低いとおもいきや、そこの店舗は大量出荷もしている品物も安心できるシルバー商品でした。

思わずご近所さんのいつもお世話になっている3人の女性に買うことにしました。
売り子のお姉さんは、どんな女性にプレゼントしたいの?と質問。

一人は65歳ぐらい。服もいつも派手目でアクセサリーも大きめをつけています。
もう一人は35歳くらい。キャリアウーマンでシンプルなおしゃれを楽しむ女性。
3人目は25歳くらいの社会人なりたての若い女性で小さめのが好みだと思う。。。

なんて話していたら、「じゃ、これは?」とすぐに選びだしてきてくれました。
どれも、お、ナイス!と言うようなものばかり。

喜んでくれそうな素敵なプレゼントが買えました。


太古の時代からシルバーが大好きな人たち
シルバーアクセサリーを身にまとうオシャレは紀元前から行われていたことがわかっています。

博物館に行くと、埋葬品から見つかったアクセサリーが展示されています。
シルバーで作られた魚の形のネックレスに、手のこぶしぐらいの大きさのイヤリングまで。
冠にはとさかのようなシルバーの羽をつけ、鼻輪もつけていたことがわかっています。
古代では女性だけでなく特に男性がオシャレだったようですが。

キラキラ輝くものを身に着けて、自分は神に近い存在であるといい気分にひたっていたのでしょう。


オシャレ好きは現代でも変わっていません。
自分が好きな形のキラキラと光を発するものを体に身に着けてきれいにしていたいですよね。


というわけで、ペルーでお気に入りのシルバーアクセサリーを見つけてみてはいかがですか。そして、指輪を何個もはめてみるペルー流オシャレを楽しんでください。

でも、純度が低い偽物シルバーが売られているお店ももちろんありますのでご注意を。
品質がよく低価格で提供している信頼できる店でご購入下さいね。